ファクターズ(ファクタープラン)で給料ファクタリングはある?個人で現金化可能か

この記事は、給料ファクタリングのことをある程度理解しており「何かお勧めの給料ファクタリング会社はないかな?」とお探しの方に向けて執筆した「中級者から上級者向け」記事となります。

給料ファクタリングについてまだよくピンと来ていないという方は、ビギナー向けの記事をご用意していますのでまずはそちらからご覧ください。

ファクタリングについて色々と検索をしたりリサーチをしていると「ファクタリング会社」というものがよく出てくるようになります。なかでも国内で有名なファクタリング会社の中にファクターズ(ファクタープラン)という会社があります。

ファクターズ(ファクタープラン)では給料ファクタリングの申し込みも可能なのでしょうか?ここではファクターズ(ファクタープラン)と給料ファクタリングの関係性についてご紹介していきます。

法人や個人事業主以外でも利用可能な給料ファクタリングは取り扱っている?

ファクターズ(ファクタープラン)は、そもそも法人や個人事業主向けのファクタリングサービスを展開していることで知られる会社となっており、給料ファクタリングというよりは一般的なファクタリングの方で知られています。

例えばもし申し込みをしようとしている「あなた個人」が、個人事業主だったり法人の代表者だったりすると、給料というよりはお客さんからの入金が収入となりますよね。

このお客様からの入金や売掛債権を売却することで現金化を即日で行えるのが一般的なファクタリングという処理になります。

つまり、自営業の方や法人代表者の社長さん、個人事業主のひとり社長さんなどは、給料ファクタリングというよりはそもそも通常のファクタリングに申し込むべきなのです。

ところが、給料ファクタリングをメインに探している方の多くは、会社から毎月給料を受け取るいわゆる社員またはアルバイトということになります。

ファクターズ(ファクタープラン)ではこのような給料ファクタリングも扱っているのか気になるところです。

ファクターズ(ファクタープラン)はサラリーマンやバイトでは利用できない

残念ながら、ファクターズ(ファクタープラン)はサラリーマンやアルバイトなど、会社から毎月給料をもらっている人は利用することができません。

またファクターズ(ファクタープラン)は大口のファクタリング契約に対応している会社ということもあり、どちらかというと法人としての取引で、一回の請求金額が400万円から1千万円以上など大きな金額のファクタリング、または相手先にファクタリングを使っていることが判明しても問題ない3社間ファクタリングなどの手続きに特化した会社となります。

そのため、給料をファクタリングしようとしている方がファクターズ(ファクタープラン)に申し込むことはできません。

そもそも法人向けファクタリングとは?

そもそも給料ファクタリングというのは法人向けの一般的なファクタリングからスピンアウトしてできた「働いている人向け」のサービスとなっています。

一般的にファクタリング契約として知られているのは、例えば個人事業主の建設業者さんなどが現場に入って業務を提供し、その売掛代金が2ヶ月後の末日に入ってくるなどの場合に、今すぐに現金化して資金繰りを改善する目的で利用するサービスとなります。

このような取引の場合は、一回あたりの決済金額も数百万円以上になることが多く、場合によっては数千万単位になることもあります。こういった大口の現金化に着手してくれるのがファクターズ(ファクタープラン)というわけです。

誰でも利用可能な給料ファクタリング業者ならここ

個人事業主でも会社の代表者でもない、一般的なサラリーマンやアルバイトの方が利用できる給料ファクタリング業者ですが、実はそこまで選択肢が幅広いというわけではありません。

今のところ日本国内の給料ファクタリング会社で安心してお勧めできるのは、七福神というファクタリング業者になります。

給料ファクタリング業者の中にはいわゆる闇金や悪徳業者が正規の給料ファクタリング会社に偽装しているものもあるなど、100%全ての給料ファクタリング会社で安全に給料の前借りができる、というわけではありません。

しかし、七福神はネット上でもポジティブな口コミが非常に多く、また七福神で給料ファクタリングを利用することにより窮地を脱出することができた!という喜びの声も多く寄せられていることから、信頼度ではピカイチの給料ファクタリング会社といえます。

給料ファクタリングの七福神公式サイト

ファクターズ(ファクタープラン)では残念ながら給料ファクタリングを行うことはできませんので、もし会社から給料をもらっていてその給料債権を売却して現金化したい!という方は、七福神に申し込みをするようにしましょう。

反対に請求書の現金化であるファクタリングが何とか利用できないか?と考えている個人事業主の方や法人代表者の方は、ファクターズ(ファクタープラン)にファクタリング手続きを依頼してみるのも良いでしょう。

誰でも利用可能な個人向けのファクタリングならやはり給料ファクタリングになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました