個人向けファクタリングで誰でもすぐに借りれる!サラリーマンでもバイトでも

今月の支払いが厳しい、もしくはお金が単純にない。でも、カードローンや消費者金融からはもう借りられない!そんな時には、新しい方法でお金を作ってみませんか?もしあなたが今働いている方であれば、審査落ちでもブラックでも、すぐにお金を用意できる方法があります。

ここでは、個人向けファクタリングで誰でもすぐにお金を用立てる方法をご紹介していきます。

フライングで個人向けファクタリングを覗いてみる

サラリーマン・バイトでも利用可能な給料ファクタリングとは?

個人向けファクタリング

サラリーマンでもバイトでも、とにかく「定期的に働いていてお給料をもらっている」という方は給料ファクタリングというサービスを利用することができます。

給料ファクタリングというのは平たく言えば、給料の前借りです。

給料の前借りと言っても会社から前借りをするわけではありません。

専門の給料ファクタリング会社からお給料を前借りするという方法になります。

もう少し具体的に説明します。

例えばあなたは会社から月30万円のお給料をもらっているとしましょう。

あなたは毎月末日にお給料をもらっています。

そして今すぐお金が必要なのに、給料日まではまだまだ日にちがある。

そんな時にはあなたの給料を、ファクタリング会社に売却してしまいましょう。

給料の額以内であれば好きな金額を(ここでは1万円〜30万円以内)買い取ってもらうことができますよ。

次の項目でファクタリングの仕組みについてご紹介します。

難しい内容は一切出てきませんので安心してください。

そもそも「ファクタリング」とは?審査はある?

そもそもファクタリングというのは、会社を経営している社長さんが使うものでした。

会社の社長さんは基本的に取引先から翌月の月末、または翌々月の月末に代金を支払ってもらうのですが、資金サイクルが間に合わない時は

「相手先の会社さんからお金を払ってもらう権利(債権)を買い取ってもらえませんか?」

と、ファクタリング会社に依頼することができます。

つまり、手数料を差し引いて先にお金をファクタリング会社に立て替えてもらうという方法です。

そして、取引先から入金があったお金は全て、ファクタリング会社に送金します。

これがファクタリングです。

そしてこれと同じことを給料でやるというのが給料ファクタリングです。

給与明細などを提出して「給料を支払ってもらう権利そのもの」を、ファクタリング会社に売却し、ファクタリング会社は手数料を差し引いてあなたにお金をすぐに送金します。

そして実際の給料日になったら、あなたはファクタリング会社に対してお金を送金する。たったこれだけです。

給料の範囲内で借りられるのがポイント

キャッシングやカードローンとファクタリングは大きく違います。

まず借入ではありません。

ということで、CICなどの個人信用情報をチェックするような審査はありません。

もう、あの狭苦しい空間でカードローンの審査結果を待ったり、いつ来るかもわからない審査結果の電話を怯えながら待つという時間は必要ありません!

単純に給料を支払ってもらっている会社がきちんとした会社かどうか、そこが審査のメインポイントとなります。

つまりあなたの信用情報は、言葉は悪いですが、どうでも良いのです。

今現在借金を滞納していても、支払いができなくても、他のキャッシングで審査落ちしていても、申し込みブラックでも、関係ありません。

金融信用情報がブラックでも即日融資ができる貸金業者を探している、という方でも実際に希望の日までにお金を調達しています。

給料ファクタリングとはそういうことです。

ただし、毎月受け取っている給料の金額以上のファクタリングは不可能です。

正確には、毎月受け取っている給料の80%から90%くらいまでが限度額となります。

給料日に入ってきた給料をそのまま返金するという契約なので、支払いが遅れるという心配もありません。

ボーナスも対象になる?

なりません。

実は様々な法律の関係やその他の兼ね合いでボーナスは給料債権と呼ぶことができず、ボーナスの額面を担保にしたファクタリングは不可能です。

むしろ、ボーナスをファクタリングOKとしている会社は注意した方が良いでしょう。

返済方法は一括返済なので注意

ひとつだけ注意点があります。

返済方法は一括返済です。

給料日当日には、ファクタリング会社に対して入ってきた給料をそのまま横流しする形で全額送金する必要があります。

ちなみにこの返済が遅れると、どうなるか。

キャッシングの返済遅れとは完全に話が変わってきます。そもそも代金を踏み倒しているのと同じことですから、予想もできないような大きな問題になることが考えられます。

ファクタリングは必ず給料日に全額返済をするようにしましょう。

そこさえ守っておけば、安心していつでも給料債権を現金化することができます。

まとめ

給料ファクタリングは個人向けのファクタリングで、仕事をしている方ならほとんどの方が問題なく利用することができます。

サラリーマンなどの正社員はもちろん、学生のアルバイトでも主婦のパートの方でも3ヶ月以上継続して同じ職場で働いている給料明細があるなら大丈夫。

少しでもお金があれば、ちょっとだけ給料の前借りがしたい!

そんな時は給料ファクタリングで、自分の給料をそのものを現金化して難局を乗り切るようにしましょう。

おまけ:おすすめの個人向け給料ファクタリングは?

七福神ファクタリングというサービスがあります。

七福神は個人向けファクタリングを日本国内で展開するパイオニア的存在で、誰でも気軽に相談することができるようになっています。

もちろん、電話をしたからといって恐ろしい人が出ることもありませんし、電話が苦手という方にはWEBからの申し込みフォームも設置されています。

WEBからの申し込みであれば24時間365日、いつでも好きな時に申し込みをすることができますから安心ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました