非常時に!給料ファクタリングの使い方と流れの徹底解説

人生何が起こるかわからないもので、突発的にお金が必要になるということもあるでしょう。

そしてそんな時のために日頃から貯金などができていれば良いのですが、必ずしもうまくはいきません。

そして金欠の時に限って非常時はやってくるもの。

そこでここでは、非常時に使える給料ファクタリングの使い方を徹底的に解説していきます。

給料ファクタリングはどういった時に使う?

給料ファクタリングの使い方

給料ファクタリングは、原則的にお金がなく、一時しのぎでもいいので手元にある程度の現金を集めておきたい時に使うのがベストです。

例えば、給料日までまだ日付があるのにも関わらず急な結婚式や冠婚葬祭などでお金が必要になってしまった場合には、借り入れをしながらお金を調達するという方法もあります。

しかし、必ずキャッシングができるという保証はどこにもありませんよね。

そんな時には、給料ファクタリングで未来の自分から借金をするというのが良いでしょう。

その他、家族が急病で倒れてしまい、ひとまず支払いのために医療費の工面が必要になった、という時もなかなかタイムリミットまで時間がないもので、この場合はキャッシングの審査などを待っているとタイムアップになってしまう可能性もあります。

給料ファクタリングは借金のように審査に時間がかかるわけでもありませんので、スピーディーに資金調達が可能です。

給料ファクタリング会社の公式サイトをチェックしたい方はこちら

給料ファクタリングの七福神公式サイト

このように日常で訪れる非常時に対して対処ができるのが給料ファクタリングの良いところです。

また、一般的にキャッシングやカードローンは最短融資の回答15分というものもありますが、これはあくまで個人信用情報が良好で、今まで支払いなどを全て完璧に行っている人の場合です。

個人信用情報やCIC情報の具合が悪ければ、審査に通過できる確約もありませんし、仮に審査に通過できたとしても融資実行まで何日も時間がかかるケースもゼロではありません。

非常時には不確定要素は出来る限り排除したいものですから、やはり給料ファクタリングの方が安心できるといってよいでしょう。

実際の使い方の流れ

給料ファクタリングの実際の使い方について紹介します。

といっても使い方は非常に簡単で、まずは自分の会社から毎月もらっている給料明細や源泉徴収票などを用意しておきます。

ボーナスは給料ファクタリングの対象となりませんので、賞与に関する明細書は不要です。

合わせて自分が会社に所属していることを証明できる名刺や身分証などを用意して、Webから給料ファクタリング会社に申し込みを行います。

Webから申し込みを行うと最短数時間程度で担当者から折り返しの連絡があります。

この連絡で、きちんと勤め先などについて確認を行い、希望金額も伝えましょう。

ただし、給料ファクタリングで対応してもらえるのは原則的に次の給料日で入ってくる手取り給料の金額の範囲内となります。

また、返済は給料日に一括して入金をすることになりますので入ってくる給料は一切手をつけられないということも併せて確認しておきましょう。

キャッシングとは違うメリット

キャッシングとは違うメリットが給料ファクタリングにはあります。

まず一番大きなメリットとしては個人信用情報の調査を受けなくてよいという点ではないでしょうか。

ファクタリングは貸金業法に基づいて行われる融資や貸付の類ではありません。

給料債権の売却という商取引になりますので、個人信用情報の調査などを受ける必要はどこにもありません。

そのため、CICブラックだろうが自己破産歴があろうが、とにかく現時点できちんと働いて会社から給料を得ている状態であれば、給料ファクタリングを利用することが可能です。

ここがキャッシングやいわゆる一般的な融資と大きく異なるポイントではないでしょうか。

オススメの給料ファクタリング業者

給料ファクタリング会社にもいろいろありますが、まだまだ貸金業者と比べると数が少ない印象があります。そしてその中でもオススメの給料ファクタリング業者といえば七福神です。

七福神は日本国内の給料ファクタリング会社の中でも老舗的な存在で、とにかく対応品質が良いという口コミが多数の給料ファクタリング会社となります。

また、大手の消費者金融などのように融資にあたって個人信用情報の調査などもありませんので、今まで電話でキャッシングの申し込みをして連戦連敗だったというトラウマをお持ちの方もリラックスして連絡を取ることができるのではないでしょうか。

手数料についても給料ファクタリング会社の中では標準的な手数料率となっており、特段心配するような暴利で契約がまとまるという心配もありません。

七福神の公式サイトから最新の情報を確認してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました