【金欠】どうしてもお金がない時の対処法5選

人間長いこと生きていると、どうしてもお金がないタイミングがやってくることがあります。日常的にお金がない!という人は慢性的な金欠病にかかってしまっていますし、そうじゃない人も何らかのタイミングで金欠になってしまうことがあるでしょう。

そこでここでは、どうしてもお金がない時にその状況を切り抜けるための対処法を、五つご紹介していきます。

1:断捨離をする

一番手軽に出来て一番問題なく行えそうなのが、この断捨離という行動です。断捨離というのはもちろん、身の回りにあるものを処分することを言うのですが、この処分をする際にリサイクルショップなどに持ち込むのは少しもったいない可能性があります。

というのも、リサイクルショップに持ち込むとどうしても買取金額が安めに設定されてしまうこともありますし、マニアが非常に欲しがりそうな珍しいものについても一律の値段が付けられてしまう恐れがあります。

そのため、珍しいグッズなどを含めて断捨離をするという時はマッチングアプリやフリマアプリなどで高く買い取ってくれる人を探すというのがお勧めです。

一昔前まではネットオークションを使う方法がありましたが、何かと手続きが面倒なこともあり敬遠する人も多かったという事情があります。

しかし最近のフリマアプリはフリマアプリをダウンロードして商品の写真を撮り、値段を決めて出品するだけなので、非常に簡単に売却をすることが可能となっています。

もちろん、売れた商品の売却代金も数日程度あれば口座に送金してもらうことができるようなシステムのところもありますので安心です。

テレビCMなどでもおなじみのフリマアプリを使ってみるところからスタートしましょう。

3万円から5万円程度であれば、1回の断捨離で簡単に稼ぐことができるケースもあります。

2:クレジットカードのキャッシング枠を使う

クレジットカードのキャッシング枠を使ってみるという方法があります。

クレジットカードには実は、ショッピング枠とキャッシング枠の二つの枠が設定されていることがあります。

クレジットカードの買い物枠の他にキャッシングということで、一時的にお金を借りることができる枠が設定されていることがあるのです。

クレジットカードの申し込みをした時にC枠というものがついていた場合は、キャッシングが利用可能です。S枠、つまりショッピング枠に余りがあってC枠も利用可能額が確認できる場合には、今すぐ銀行のATMまたはコンビニのATMなどから利用限度額までお金を引き出すことが可能ですよ。

現時点でキャッシング枠の利用残高が確認できるということは審査にそもそも通っていますので、何の心配もなくお金を引き出すことができます。

3:銀行のATMローンを使ってみる

意外と銀行のATMローンが使えるというケースもあります。例えば消費者金融などでのカードローンがもう限界いっぱいまで借り入れをしていて使えない!という時には、メインバンクにしている口座のATMローンが利用できないかどうか確認してみるのが良いのです。

ATMローンというのはカードローンなどとはまた別に、ATMで普段から取引をしている人に対して銀行が独自に設定している融資枠のことです。

ATMからのみ取引が可能ということもあり、なかなか気付かない人もいるのですが、場合によってはこのATMローンが利用可能という可能性もあります。

4:ゆうちょ銀行の貸付が使えるかどうかチェックしてみる

ゆうちょ銀行に定期預金や定額預金の類のものをしている場合は、ゆうちょ銀行の通帳残高がゼロ円でも、ATMでお金を引き出すことができる可能性もあります。

というのもゆうちょ銀行は、残高がない状態でさらにその残高を超える引き出しを行おうとすると、お金が出てくることがあります。

これは通帳に自動貸付という形でマイナス表示がなされるのですが、実はこれ、ゆうちょ銀行に貯蓄している定期預金などから自動的に貸越をしているということになります。

例えば大学生くらいだと、自分名義の通帳を昔、保護者の人が使っていてこっそりお金を貯めてくれていた、というケースもあります。通帳の預金には残高が入っていないものの、本人名義で別の定期預金が契約されているというケースもあるでしょう。

その時、それを知らずに自分で残高を超える引き出しを行おうとするとマイナス表示でお金が引き出せることがあるわけです。

特に小さい頃に保護者の方に、通帳を作ってもらった記憶がある方や、ゆうちょ銀行の定期預金があると聞いたことがある人は、一度試してみても良いかもしれません。その際には保護者の方への感謝を忘れずに。

5:ファクタリングを行う

最後の最後、どうしてもお金を用立てなければならないけれども四方八方手がふさがってしまった!という場合は、ファクタリングを行うという方法があります。

ファクタリングというのは給料ファクタリングのことで、今自分が勤めている会社からもらっている給料を、手数料を支払った上で即日現金化してもらうという方法になります。

やり方はいたってシンプルで、自分の会社の給料明細や毎月入ってくる給料の金額がわかるものを持ってファクタリング会社に申し込みを行い、手数料を引いた上で現金化が可能かどうか問い合わせるだけ。

実はこのファクタリングは個人信用情報などもチェックされませんので、ブラックの人でもまるでお金を借りるかのように(将来の自分から)借金をすることが可能となっています。

給料ファクタリングでおすすめなのは七福神というファクタリング会社です。

給料ファクタリングはまだまだ日本では浸透していませんが、七福神はその中でもパイオニア的存在です。

金欠時にいろいろな方法を知っているだけで乗り切れるかもしれませんよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました